当店について

スピリチュアルケアセンターとは

スピリチュアルケアセンターとは

「価値観」は過去の経験により造られますそしてひとつの「価値観」を持つと、同時に他の「価値観」を持つことはできません。
もしあなたが「自分の親は金持ちではなかった」という印象を持つとすると、それはあなたの子供時代に「そういう親から生まれた自分」という、価値観を生成したと考えられます。

そのような人がいきなり、引き寄せセミナーや成功哲学講座で「自分は未来時間においてすでに金持ち」というような価値観を構築することは、困難であるという事実があります。
つまり「スタートライン」に立つためには、普通の人は「脳のプログラミング」を行う必要があるのです。
私の方法論では、まず「宇宙の法則」を知り「過去の清算」へ向かいます。
そうして「親から愛されなかった自分」という潜在意識下のイメージがあるのなら、まずそれを解消することを行います。

実は過去へ向かうといっても、

10歳とか5歳ではなく、0歳から始めなければ効果は薄いと、私は考えています。
というのも、心理学では「0歳児には自分と親が一体となった世界」というイメージしかないとされています。

この時「親から分離した自分」という記憶を持つと、それが大きな喪失感となって、それ以後の人生に影響すると言われているからです。
自己催眠下でこのような記憶を修繕することができなければ、大半である普通の人がいくら未来軸で願望達成イメージを持ったとしても、願いは叶いません。

なぜなら過去の記憶が造る
「ステイタス・クオ(もとのままに戻る状態)」に「ホメオスタシス(一定の状態に保ち続けようとする傾向 )」が働いて、「親とはぐれてしまった惨めな私」に引き戻そうとするからです。

願望実現が難しいのは、この真実があるからです。私は少なくとも「性格改善や願望実現を悟りによって成功した」と、自分のことを考えています。
また、私と同じように宇宙の法則を知り、開運方法を体得した人達の意見も伺うと、「願望実現法とは飛行機が飛び立つようなもの」だと、イメージできます。
つまり「願望実現法は地面を離れるまでがいちばん難しい」のです。

成功の法則「思考は現実化する」

で有名なナポレオン・ヒル博士が調査した成功者たちは、いってみれば「ヘリコプター」のように、滑走路なしで飛び立つ能力を持つ者だけを取り上げたと言われています。

スピリチュアルを探求し、宇宙の摂理を理解していくと、そんな能力を生まれつき備えている人は、「魂の素質と親(環境)選びの時点」である程度決まっていることがわかってきます。

しかし、世の中の大半である「普通の人」のイメージは違います。
普通の人には、長い距離を走ってスピードを出すための「とても長い滑走路」が必要です。

「魔女の宅急便」という映画をご存じでしょうか? 主人公の魔女は、ほうきに乗れば空を自由に飛ぶことができます。

しかし、一人の少年は普通の人間であって、「翼の着いた自転車のような人力飛行機」で飛ぶ夢を持っています。
映画の後半で、この人力飛行機は空に舞い上がるのですが、長い長い滑走が必要なのです。

※「生まれる前にある程度決まっている」理由です。

私の紹介するイメージング法は

普通の人力飛行機が滑走路を走るような方法で、霊性の進化の為の悟りです。

これは、「地上から1センチだけ空を飛ぶ力をあなたに与える」ことしかできないかも知れません。

しかし、「飛行している(悟っている)」ということなら「地上から1センチの悟り」でも「高度1万メートルの悟り」でも同じなのです。

「悩みから解放される1センチの飛び方を知っている」だけで、「一生涯1センチ以上をいつでも自由に飛行できる」ということです。

あなたが経験したことは「魂の一生涯」なので、輪廻転生をしてもあなたの学びが終わるまで悟り続けます。

あなたが、「翼の着いた自転車のような人力飛行機」で自分の空を飛びたいと願うなら、「脳をプログラミング」する私の方法がお役にたてるかも知れません。